レトロダンパーサポートページ 354426


WSC Dumper with Flasher 使い方

1:たあ :

2020/04/24 (Fri) 00:06:59

でワンダースワンカラーの封神演義仙界伝弐を
pcに吸い出してスマホアプリのワンダドロイドXでやりたいのですが
クライアントが要らないとの事なので直接開くと
ROMファイルの8MBのDUMPというファイルと、WSCファイルの4MBのROMというファイル、その他3つのファイルが出てくるのですが
ワンダドロイドXのエミュレータの説明で、wonderdroidのフォルダにドラッグしたのですが、どのファイルでもできません
どのファイルが必要なのかも分からないです
拡張子を変えたり、何か別の事をしなければいけないんでしょうか?
2:Gamebank-web.com :

2020/04/24 (Fri) 05:52:39

>>1
ファームウェアを最新のものにアップデートされましたでしょうか。
http://www.gamebank.jp/dumper/index.php?mode=viewmain&l=1&no=17&no2=17&p=&page=0&dispno=17
3:たあ :

2020/04/26 (Sun) 19:33:53

クライアント、ダウンロードしたらできました
ありがとうございました
4:たあ :

2020/04/26 (Sun) 21:41:25

すいません、今度はカートリッジへセーブデータの書き込み方を教えていただきたいです
5:Gamebank-web.com :

2020/04/27 (Mon) 12:30:56

>>4
現在、EEP形式のセーブには対応しておりません。
SRAMへの書き込みは下記のとおりです。

(1)set RAM TYPE as SRAM
(2)set RAM SIZE
(3)"Write RAM"をクリック
(4)sramファイルを選択.
(5)終了まで待ちます
6:たあ :

2020/04/28 (Tue) 10:07:08

ありがとうございました
度々で申し訳ないのですが
カートリッジのセーブデータの吸い出し方を教えてください
7:Gamebank-web.com :

2020/04/29 (Wed) 12:19:29

>>6
説明が足らず申し訳けございませんでした。

ファームウェアが最新の状態でしたら、専用のクライアントを使わなくても
直接エクスプローラー上から、ゲームROMやセーブデータの取り扱い(コピー等)ができます。

■【新機能】ダイレクトアクセス機能追加のお知らせ
 http://www.gamebank.jp/dumper/index.php?mode=viewmain&l=1&no=9&no2=9&p=&page=0&dispno=9


もう一つの方法として、クライアントを使ってのセーブデータの吸い出しは下記のとおりとなります。

(1)カートリッジがセットされた状態で「info」をクリック
(2)RAMサイズとタイプが取得されます
(3)「Read RAM」をクリックすれば、セーブデータの吸い出しができます

※現在、セーブデータはSRAMのみ対応し、EEPには対応しておりません
8:たあ :

2020/04/30 (Thu) 08:44:15

4件目の書き込みの件なのですが
セーブデータが全部で5つあるのですが
全部やっても反映できないのですが
何故か分かりますでしょうか?
9:Gamebank-web.com :

2020/04/30 (Thu) 11:15:33

>>8
状況がわかりかねますので、該当ファイルを下記へお送りいただけましたら確認してみます。

■ファイル送り先
 http://www.gamebank.jp/dumper/mail/
10:Gamebank-web.com :

2020/05/03 (Sun) 05:31:13

>>8
お客様が送信された5つの「.savファイル」は、サイズは1024KB以上です。
また「.memファイル」(32K)はこちらではそれが何かわかりませんでした。

通常、WS/WSC SRAMカートリッジで保存されるファイルは32KBです。
(ワンダーウォッチゲームの場合、SRAMは256KBです)

以上のことから、ことらでは送信されたファイルが何なのか確認することができませんでした。
よろしければ以下の内容をご確認のうえ、お知らせいただけないでしょうか。

1.これらのファイル(.memおよび.sav)を取得された方法は?
 その時の画像等もあれば尚可。
2.使用されているエミュレータをお知らせください

以上、よろしくお願いいたします。
11:たあ :

2020/05/03 (Sun) 08:00:51

エミュレータはワンダドロイドXです
おそらくこのエミュレータがセーブファイルを5つ作ってしまうんだと思います
一応確認するためにセーブファイルを全部消して
最初からやってすぐにセーブしてみたんですが
(すぐにセーブできるゲームなので、あとセーブは1つしかできないゲームです)
いきなり最初の段階でセーブファイル5つと、もうひとつのファイルが作られていました
12:たあ :

2020/05/03 (Sun) 20:10:22

memファイルをデスクトップに移動して拡張子をsavにしてwriteramしたらカートリッジに書き込めました
しかし今度はセーブをワンダドロイドXへの反映の仕方が分からなくなってしまいました
13:たあ :

2020/05/03 (Sun) 22:12:54

解決したので一応書き込ませていただきます
セーブデータのreadramで新しいファイルを作ってエミュレータにドラッグしても反映されませんでした
でもエミュレータのフォルダごとデスクトップにコピーしておいて
そのフォルダにクライアントからreadramして上書きして
そのフォルダごとエミュレータにドラッグしたら反映できました
14:Gamebank-web.com :

2020/05/04 (Mon) 06:57:13

>>13
自己解決されましたようで何よりです。
今回はご使用の絵Mニュレーター側の仕様によるものだと思われます。
念の為、下記に開発チーム側で出した回答です。
間違えている部分もあるかもしれませんので参考程度にしていただければと思います。

1. 5つのファイル、1-4-35136_a1_?などの名前 .savは同じファイルです。
 多分それはエミュレーターのためだけに使われます。
2. 1-4-35-136.mem、おそらくそれは保存ファイルです。
3.晻恄墘媊.ws はromファイルです
4.エミュレータ保存ファイルを実際のカートリッジに書き込みます。
  *「1-4-35-136.mem」の名前を「1-4-35-136.sav」に変更
  *クライアントの設定、RAM SIZE(256Kbit)、RAM TYPE(SRAM)
   また、「Info」をクリックしてオプションを自動設定することもできます。
  *「RAMの書き込み」をクリックし、「1-4-35-136.sav」ファイルを選択します。
  *終了を待ちます。
5.実際のカートリッジを読み取り、エミュレーターに保存します。
  *クライアントの設定、RAM SIZE(256Kbit)、RAM TYPE(SRAM)
   また、「Info」をクリックしてオプションを自動設定することもできます。
  ※「Read RAM」をクリックし、「1-4-35-136.sav」ファイルを選択してください。
  *「1-4-35-136.sav」の名前を「1-4-35-136.mem」に変更
  *「1-4-35-136.mem」をエミュレータにコピーします。

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.